大人関係の相手にも誠実で紳士的に振る舞う事

多くの男性が恋人に対しては、誠実で紳士的に振る舞うかもしれません。
ですがセフレとは手軽に遊べる相手です。
セックスをする相手なので、誠実な関係かと言われたら疑問が残りますし、セフレを作る事自体が紳士的な行為なのかと聞かれたら正直そうではないのかもしれません。

ですがセフレだからといって、エロ全開でチャラい方が女性受けがいいのかと言えばそんな事はありません。
セフレ相手であっても女性は男性に誠実で、紳士的な人を求めるからです。

セフレ相手に矛盾していると思う人もいるかもしれません。

ですがむしろセフレだからこそ、誠実で紳士的でなければいけないと言えるのではないでしょうか?
なぜかというと、セックスとは密室で2人きりで行う行為です。
そこで何か起こったとしても、それを止める事が出来る人はいません。

もし相手がセフレが下劣だったらどうでしょう?
シャワーを浴びている好きにビデオカメラを設置して、セックス動画を撮影し、それをネットで流してお小遣い稼ぎをするかもしれません。そんな人に限って、編集で自分だけ誰か分からないように修正をして、女性だけを晒しモノにするのです。

他にも自分さえ気持ちよければそれでいいと、暴力に近いセックスをする人だったら困ります。
もともと人に暴力を振るう事で快感を得る人も存在しています。
セフレがそんな人だったら困りますよね。
裸になって無防備な状態でセックスをするからこそ、相手は誠実で紳士的で信用出来る人でなければいけません。

セフレサイトに対する要望

セフレサイトを利用して、思ったよりスムーズにセフレを作る事が出来ない。
そんなふうに感じた人は多いのではないでしょうか?
ではセフレサイトがどのように変われば、今よりもセフレを作りやすい環境になるのでしょうか?

例えば人数制限をする事も1つの方法だと言えます。
会員数が多い方が大手サイトだという安心感と、出会いのチャンスが増えて好みのタイプが見つかるという利点があります。
ですがその反面現在のセフレサイトは、男性会員ばかりが増えすぎて、男女比が9:1なんてサイトも珍しくありません。

少数の女性に対して多数の男性がアプローチしている状態では、なかなかセフレが作れないのも当たり前です。
そのため5:5が理想ですが、それが無理でも6:4程度に男性をにんずう制限して、出会い率がもっと高いセフレサイトがあればいいですよね。

他にもセフレサイトは悪質サイトやサクラが多すぎるので、それらの存在を一掃出来るような仕組みがあればいいと思います。
攻略法などは今でも存在していますが、その攻略法を見て悪質サイトやサクラも新たなパターンを考えてくるので、まだ違うパターンで騙されてしまいがちです。

取り締まりを強化するような法律が出来たり、悪質サイトでは利益が生じないような仕組みもAIが騒がれている進化した時代のパソコンでなら実現は可能なのではないでしょうか?

セフレでストライクゾーンを広げよう

セフレを作る時に勧めたい事は、ストライクゾーンを広げる事です。
その方が出会える可能性が広がりますし、何よりも自分の事を知る機会になります。
例えば恋人を作る時に、同世代の相手としか付き合った経験がないという人も多いでしょう。

それはなぜかというと、学生時代は同世代と知り合う機会が圧倒的に多いためです。
そして同世代としか付き合った経験がないために、自分の好みは同世代と自分で勝手にストライクゾーンを決めてしまっているのです。
ですがそれって食わず嫌いだと思いませんか?

実は年上と付き合ってみたら、もっと相性がいいかもしれませんし、年下は絶対に無理と思っていたけれど、年下の付き合ったら凄く良かったなんて可能性もあるわけです。

ただ恋人と付き合うのに、そんなお試し感覚で付き合うのは難しいですよね。
試してみたけど合わないから別れたでは相手に失礼です。
なのでお試しはセフレとしてみる事をオススメします。

セフレであれば、初めから短期間の付き合いになる事が前提となっていますし、付き合ってみたら意外といけるという自分に気づくかもしれません。自分で勝手に合う合わないを決めてしまうよりも、合うのか合わないのか試してみた方が確実です。

そして自分がどんなタイプが最もしっくりと合うのか比較する事でより明確になると言えます。